山陽 百貨店。 カフェ コムサ 姫路山陽店 (Cafe comme ca)

【洋服直し裾上げ】山陽百貨店

百貨店 山陽 百貨店 山陽

この間においてフロア構成を変更するという大規模なリニューアルを行ったものの抜本的な経営改革には至らず、(平成20年)の第79回定時株主総会にて元常務・高野勝が代表取締役社長に就任し、創立以来初めて同業他社出身の社長が誕生した。

16
また姫路市のメインストリートである大手前通りに面しており、同社の所有施設ではないが、地下2階には駐車場も完備している(同社直営のSパーキングは店舗より徒歩5分の場所にある)。

山陽百貨店とは

百貨店 山陽 百貨店 山陽

加盟店。 他の百貨店との交流 [ ]• 加盟店。

一方で、(平成17年)に婦人服フロアを中心とする大規模なリニューアルを行った。 とが併設されており、典型的なターミナル百貨店()である。

御座候 たんたん山陽店 (ござそうろう)

百貨店 山陽 百貨店 山陽

その後、阪神大震災によるなどで過去最高の売上高を記録するなど中堅規模の百貨店としては全国においてもトップクラスの仲間入りを果たす。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。

8
(昭和50年)に(現:)と提携 していたことがあり、の相互利用や、のトロージャンなどを扱うなどの関係があった。

リストランテ アンティーコ アルベルゴ(姫路/イタリアン(イタリア料理))

百貨店 山陽 百貨店 山陽

して記事の信頼性向上にご協力ください。

ぜひ、美味しいイタリアンで素敵な時間をお過ごしください。

2020年 山陽百貨店

百貨店 山陽 百貨店 山陽

店舗 [ ]• また(平成21年)には西館5階部分にを誘致したり、夏季は屋上においてを展開するなど活性施策を打ち出している。 登記上の所在地は南町1番地であるが、西館の所在地は姫路市西駅前町88番地である。 Oグループ加盟(伊勢丹を中心とする共同仕入機構) 全国百貨店店舗別売上高86位(度) 全国百貨店企業別売上高45位(2011年度) 株式会社山陽百貨店(さんようひゃっかてん)は、にあるである。

3
出典検索? また(平成21年)には西館5階部分にを誘致したり、夏季は屋上においてを展開するなど活性施策を打ち出している。

カフェ コムサ 姫路山陽店 (Cafe comme ca)

百貨店 山陽 百貨店 山陽

戦災復興による姫路都心市街地の再構築につき、の建設と合わせたメイン事業の一つとして企画された。 また姫路市のメインストリートである大手前通りに面しており、同社の所有施設ではないが、地下2階には駐車場も完備している(同社直営のSパーキングは店舗より徒歩5分の場所にある)。

現在のCI・ロゴマークは、1991年(平成3年)のリニューアルオープンに合わせてデザインされたものである。

寿司割烹 竹豊 山陽百貨店 (スシカッポウ チクホウ)

百貨店 山陽 百貨店 山陽

戦災復興による姫路都心市街地の再構築につき、の建設と合わせたメイン事業の一つとして企画された。 歴代の社長は親会社である山陽電気鉄道から送り込まれていたが、昭和58年に木村孝が就任して拡大路線を進んだ。 平成3年に売場面積の大幅増床をするものの、バブル経済の終焉により経営は一時大きく傾いた。

16
・・・・・・に、兼外商出張所がある。 現在のCI・ロゴマークは、1991年(平成3年)のリニューアルオープンに合わせてデザインされたものである。

カフェ コムサ 姫路山陽店 (Cafe comme ca)

百貨店 山陽 百貨店 山陽

その後、阪神大震災によるなどで過去最高の売上高を記録するなど中堅規模の百貨店としては全国においてもトップクラスの仲間入りを果たす。 地方百貨店間の交流として岡山の、島根の、大阪郊外のなどとのつながりがある。 。

8
上場 本社所在地 〒670-0912 南町1番地 設立 (27年) 事業内容 代表者 高野勝 資本金 4億500万円 売上高 203億2300万円(2020年2月期) 純資産 単体10億06百万円 連結11億92百万円 (2013年2月末日現在) 総資産 単体112億40百万円 連結135億44百万円 (2013年2月末日現在) 従業員数 436名 (2019年2月末日現在・契約社員等を含まず) 決算期 末日 主要株主 52. 工事履歴 期 実施年月 概要 第1期 (昭和28年)6月 現在の本館北側建物に相当する部分が地上3階で完成 第2期 (昭和29年)11月 現在の本館北側建物に相当する部分が地上4階で完成 第3期 (昭和31年)10月 現在の神姫バスターミナル部分の建物を含めた 現在の本館全体に相当する部分が地下1階、地上4階で完成 第4期 (昭和37年)6月 現在の本館に相当する部分が地下1階、地上6階で完成 第5期 (昭和47年)11月 現在の本館が完成 第6期 (昭和62年)10月 本館北側のシースルークロスエスカレーター部分や本館西側部分を増築 第7期 (平成3年)10月 姫路駅西地区再開発に伴い現在の西館部分を建築・増床し現在に至る 店舗部分は地下1階から地上6階だが本館1階は山陽電鉄姫路駅コンコース部分と重なるため極めて狭く、西館1階部分も再開発に伴い、旧地権者中心の専門店であるため立地環境の一部が百貨店としての雰囲気に欠ける側面もある。 店舗 [編集 ]• しかし神戸地区復興により売上高は再び減少傾向となり、そのような中、(平成12年)生え抜きの花尻昱雄が就任することとなった。