フランク シナトラ マイ ウェイ 歌詞。 マイ・ウェイ

【和訳/歌詞】My Way マイ・ウェイ Frank Sinatra フランク・シナトラ~わたしはわたしの人生を歩んできた

ウェイ マイ 歌詞 シナトラ フランク ウェイ マイ 歌詞 シナトラ フランク

not in a shy way Oh no, oh no not me I did it my way For what is a man. 「引退」後は政治活動に熱心になり、大統領をはじめとする共和党を熱烈に支援した。 ヤング・アット・ハート()• その後バーのラウンジで歌っていたところを見出され、には当時大衆的な人気が高かったトランペッター、の楽団「ミュージック・メイカーズ」の専属歌手としてよりプロデビューした。 ヴィシャスによるカバーは、1990年の映画『』ので再生されている。

17
But through it all, when there was doubt, I ate it up and spit it out. 番組では、クロード・フランソワの長男など、オリジナル版にゆかりのある人物、そして、英語版の歌詞を書いたポール・アンカやレコーディングに携わったハル・ブレインらを訪ね、名曲誕生の経緯を探っていく。 1965• () 1962• 彼女は1976年のなど、様々なライヴで演奏した。

フランク・シナトラのマイウエイの歌詞

ウェイ マイ 歌詞 シナトラ フランク ウェイ マイ 歌詞 シナトラ フランク

() 1982• これをシナトラ本人は「そろそろ(社会に)お返しの時が来た」と発言しているが、実は賭博営業許可証を取得するなどのため、自らの好感度や影響力を上げるためにも大いに事業や寄付を利用した。

8
は()で2回(、)この曲を歌唱している。

歌詞 和訳 Frank Sinatra

ウェイ マイ 歌詞 シナトラ フランク ウェイ マイ 歌詞 シナトラ フランク

キャピトル期 [ ] とシナトラ(1957年) 相前後して1940年代から契約していたに代わり、当時は新興レーベルだったポピュラー音楽界の有名レーベルであるとに専属契約した。 。

ディスコグラフィ:代表的なヒット曲 [ ] 娘のナンシーとともに 生涯を通じ数多くのミリオンセラーを連発した他、や、やなどの音楽界との大物との競演、競作も数多い。

フランク・シナトラ 有名な曲・代表曲

ウェイ マイ 歌詞 シナトラ フランク ウェイ マイ 歌詞 シナトラ フランク

I'm sure you knew When I bit off more than I could chew But through it all when there was doubt I ate it up and spit it out I faced it all and I stood tall And did it my way I've loved. この曲のオリジナルは、68年にフランスの人気シンガー、クロード・フランソワがリリースした「Comme D'habitude」。 「ヒズ・ウェイ」キティ・ケリー著、柴田京子訳 文藝春秋 P. 「いつかの朝、IBM製の古い電動タイプライターの前に座ったときに『もしフランクにこの書いた詞を渡したら、彼は何て言うだろう? 雑誌をたくさん読んでいると、すべてが『俺のこれ my this 』、『俺のあれ my that 』であることに気づいた。

5
1951• 1977年のアメリカ映画『New York, New York』のテーマ曲。

フランク・シナトラのマイウエイの歌詞

ウェイ マイ 歌詞 シナトラ フランク ウェイ マイ 歌詞 シナトラ フランク

【試聴】マイウェイ My Way 歌詞の意味・和訳(意訳) And now, the end is near And so I face the final curtain My friend, I'll say it clear I'll state my case, of which I'm certain そして今 終わりが近づき 私は終幕を前にする 友よ 私ははっきりと言う 私の場合はこうだった 確信をもって言おう I've lived a life that's full I've traveled each and every highway And more, much more than this I did it my way 満たされた人生だった すべての道を旅した そしてもっと もっとそれ以上に 私の道を歩んだ Regrets, I've had a few But then again, too few to mention I did what I had to do And saw it through without exemption 後悔も少しはあった でもまた 言うには些細な事だが 私はやるべきことをやり 見極めてきた 例外なく I planned each charted course Each careful step along the byway And more, much more than this I did it my way 計画を立てた 一つ一つの進路を 一歩一歩注意深く わき道に沿って そしてもっと もっとそれ以上に 私の道を歩んだ Yes, there were times, I'm sure you knew When I bit off more than I could chew But through it all, when there was doubt I ate it up and spit it out I faced it all and I stood tall And did it my way そう そんな時代があった 君も知ってるだろう 身の丈を越えた行動も すべてやり通した 疑いがあるときは それを食らいつくし 吐き出してやった 全てに立ち向かい 堂々としていた それが私の道だった I've loved, I've laughed and cried I've had my fill; my share of losing And now, as tears subside I find it all so amusing 私は愛した 笑い そして泣いた 存分に味わい 失いもした そして今は 涙もおさまり すべて楽しいことに思える To think I did all that And may I say - not in a shy way "Oh no, oh no not me I did it my way" すべての過去を想うと 言うならば ためらわずに 「おお そうじゃない 私は違った 私の道を歩んだんだ」 For what is a man, what has he got? 1970• then he has not To say all the things he truly feels And not the words of one who kneels The record shows I took the blows And did it my way Yes, it was my way. なおケネディは、シナトラから紹介されたジュディス・キャンベルと不倫関係を持っただけでなく、同じくシナトラに紹介されたのとも不倫関係にあったと言われる。 さらにファローが監督の「」の撮影中に、シナトラとファローと夫婦で出演予定の「刑事」の撮影が迫っているとシナトラが電話したところ、ポランスキーが拒否したことでシナトラは激怒した。

9
」アンカはさらに語っている。 踊る大紐育 のオープニングソングではない。

My Way 歌詞「Frank Sinatra」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

ウェイ マイ 歌詞 シナトラ フランク ウェイ マイ 歌詞 シナトラ フランク

父と娘のデュエット曲がチャート1位を獲得するのは極めて異例。 概要 [ ] シナトラは、数々のヒット曲やを世に送り出し、そのクルーナー(小さな声で歌う)・ヴォイスによる歌唱によって世界中に多くのを獲得した。 次女ティナは女優としてテレビを中心に活躍した。

18
スランプ [ ] ととともに(1947年) しかし戦時下における熱狂的な人気の反動と、「ボビーソクサー」が年を取ったこともあり、第二次世界大戦がに終戦した後の後半から一時人気が低迷した。 さらに、や、、さらににはのの妻が行うチャリティープログラムのために前でコンサートを行うなど、海外公演も再び精力的にこなすようになる。