クリスタル 殺人 事件 映画。 クリスタル殺人事件

映画『クリスタル殺人事件』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

殺人 映画 クリスタル 事件 殺人 映画 クリスタル 事件

チェリーは、パーティの手伝いに行っていて、会場の様子を詳しく知っていたのだ。 ラッドも全てを知っていたようです。 アンジェラ・ランズベリーは、ミス・マープルよりもジェシカおばさんのイメージが強くって・・・。

そして事件を解いてみせるマーブルに、彼はマリーナの名誉を守るため昨夜チョコレートの中に毒を入れ彼女を永遠の眠りにつかせたと告白した。 ようやく生まれた子に知的疾患があり、それ以来映画から遠ざかっていたが、今回主演で復帰しようとしている。

クリスタル殺人事件のレビュー・感想・評価

殺人 映画 クリスタル 事件 殺人 映画 クリスタル 事件

イギリスの田舎町に映画撮影の為にやって来た大女優マリーナと夫で映画監督のジェイソン。

15
有名人に会いたくて歓迎パーティーの給仕係を買って出る。 以上、映画「ローラ殺人事件」のあらすじと結末でした。

クリスタル殺人事件

殺人 映画 クリスタル 事件 殺人 映画 クリスタル 事件

そうでなければ、この俳優陣でこれだけの駄作が作れるはずが無い。 ライデッカーはローラだと思ってダイアンを殺し、カーペンターが逃げた後にショットガンを時計の中に隠したことがわかる。 その夜ローラの田舎の家でマクファーソンに見つかったカーペンターは、金曜の夜にダイアンと話をするためにローラの家を使ったが、何者かが訪ねて来て戸口でダイアンを射殺して消えたと話す。

2
彼女は、昔からのマリーナのファンで以前一度会ったことがある、ということなどを、一方的にしゃべりまくった。

クリスタル殺人事件 : 作品情報

殺人 映画 クリスタル 事件 殺人 映画 クリスタル 事件

アンジェラ・ラズベリーはこのマープル役のイメージから、後の「ジェシカおばさんの事件簿」につながったのかな。 犯人は彼女を狙ったのではなくマリーナを狙ったものだとして、関係者は心配になる・・・ ライバル心を燃やす女優のローラ(キム・ノヴァック)との対立、秘書のエラの脅迫めいた行為、疑わしい人物はいっぱい登場するが、次の事件が起こらないし、捜査は難航。 監督は、主演は。

ここでは主にミス・マープルの甥のクラドック警部が、事件の捜査を担当しているからだ(マープルはただ物語の狂言回しの役割を果たしているだけである)。

クリスタル殺人事件 の レビュー・評価・クチコミ・感想

殺人 映画 クリスタル 事件 殺人 映画 クリスタル 事件

なんだかこの時点で犯人はわかったようなもの。

5
ヘザーは何をマリーナに話していたのか。 そんな折、ジェイソンの助手の エラ・ジリンスキーが毒殺される。

CinemaScape/クリスタル殺人事件(1980/英)

殺人 映画 クリスタル 事件 殺人 映画 クリスタル 事件

スタイリストは誰? []. ローラは、カーペンターがダイアン殺しの犯人をローラと信じて彼女のショットガンを隠すために田舎の家に行ったことを知りがっかりする。 しかし、彼女のことが気になったライデッカーは彼女の会社を訪れて謝罪し、仕事を引き受ける。

9
そのマープルに向かって観客の質問が相次ぐ。 執事を演じたチャールズ・グレイは、ハミルトン監督の「ダイヤモンドは永遠に」でボンドの宿敵ブロフェルドを演じた人物(「007は二度死ぬ」にも出演)、またエドワード・フォックスも「ネバーセイ、ネバーアゲイン」でMを演じている。

クリスタル殺人事件のレビュー・感想・評価

殺人 映画 クリスタル 事件 殺人 映画 クリスタル 事件

映画の撮影のために往年の大スター、マリーナ()が彼女の夫で映画監督のジェイソン()とともにやってくるのだ。 村をあげての歓迎ムードの中、ゴシントン荘ではマリーナがホステスとなって村の人々を招待し、盛大な交歓パーティーが催されようと 1953年、ミス・ジェーン・マープルの住むイングランドの片田舎セント・メアリ・ミードは、いつもの静けさが嘘のように賑わっていた。

16
そしてマーブルは神父が語っていたある言葉を思い出した。 ついつい彼女たちの主演作について知識をさらけ出してしまう。

クリスタル殺人事件 の レビュー・評価・クチコミ・感想

殺人 映画 クリスタル 事件 殺人 映画 クリスタル 事件

あらすじ 1953年、ミス・ジェーン・マープルの住むイングランドの片田舎セント・メアリ・ミードは、いつもの静けさが嘘のように賑わっていた。 マリーナを愛する彼は全てをしっていたのだ。

バブコックの長話に付き合わされていたマリーナは、やって来たローラと互いに敵意を剥き出しにする。