江戸 切子。 江戸切子(えどきりこ)の特徴 や歴史

麗しい紋様が華ひらく。 日本が誇る伝統工芸・江戸切子の魅力。|IKITOKI

切子 江戸 切子 江戸

(明治14年)には当時最先端の技術を持ったから御雇い外国人としてカットグラス技師・エマヌエル・ホープトマンを招聘し技術導入が行われ数名の日本人が師事、近代的な技法が確立され以後発展した。 今までの切子にはない曲線彫刻の美しさ、飲むことを前提に計算された角のないカッティング、そして注いだ時の光の美しさは江戸切子、薩摩切子にも劣らない歴史と技術の結晶と言えるでしょう。 1873年(明治10年)明治政府の支援のもと、ガラスの工芸品を本格的に制作するため、品川興行社硝子製造所が開設します。

4
今では青色や赤色などの硝子に細工を入れたものが江戸切子である、というイメージも強まりつつあります。

伝統工芸江戸切子|江戸切子の硝子工房「彩鳳」公式直販サイト

切子 江戸 切子 江戸

何箇所にも装飾を施され、光が屈折する様はシャンデリアのよう。 これらの基準を満たしたものだけが正真正銘の「江戸切子」と呼ばれる。

最後に、ハブ盤と言われる布の円盤による「バフ掛け」と言われる仕上げ磨きをしてツヤを出すと、「磨き」の工程が終わり、江戸切子は完成です。 現在は、当初からの素材であるクリスタルガラス等の透きガラスよりも色被せガラスを素材に用いたものが切子らしいイメージとして捉えられており、多く生産されている。

江戸切子とは

切子 江戸 切子 江戸

やはり、薩摩切子独特のグラデーションは現在でも唯一無二の美しさを誇っています。 お越しの際はお立ち寄りくださいませ。

8
しかしによる輸出の減少やからの長期不況を受けメーカー・問屋・工場の廃業・撤退等も見られるようになり、素材を始めとする素材入手困難化や取引先・販路の縮小・変化が顕在化する。 江戸時代のガラス工芸ではなく 江戸 現在の東京 の地域伝統という意味の方が強いです。

伝統工芸江戸切子|硝子工房「彩鳳」公式直販サイト

切子 江戸 切子 江戸

江戸切子と薩摩切子の値段・価値の差は? さて、ある程度知ったところで、匠の技が光る切子を一つは持っておきたいですよね。 また研究者としては、、による研究がある。

10
カットグラスの技法を活かし、装飾を施したガラスのこと。 この頃からカット技術の進歩とガラス器の普及により、切子が盛んに作られるようになり、大正時代になるとカットグラスに使われるガラス素材の研究や、クリスタルガラスの研磨の技法が開発されるなどして、江戸切子の品質はさらに向上していきます。

伝統工芸江戸切子|江戸切子の硝子工房「彩鳳」公式直販サイト

切子 江戸 切子 江戸

現代に残る技法が確立されたのは明治14年である。

5
その観点からいえば、たとえ輸入品でも、工場でロボットが大量生産したものでも、装飾を施したガラスのことは全て切子と呼ばれても不思議ではない。 対して、贈答用や美術品目的で作られていた薩摩切子は、 3万円~。

江戸切子とは?

切子 江戸 切子 江戸

一番の特徴は、江戸切子にも薩摩切子にもなかった新しいカット技術、 U字カットです。 長い歴史を持ち、生活に根付いた大事な伝統を今でも守っているのです。

20
その中で「江戸切子」と称することができるのは、江戸切子協同組合が定めた以下の基準を守り、同組合に認定されたものだけです。

江戸切子

切子 江戸 切子 江戸

また、切子作家・カットグラス作家という活動も見られる。 日本が誇る伝統工芸品のひとつ、江戸切子。 いずれにせよ、両者が貴重な伝統工芸であることに相違ない。

6
鹿児島城下郊外に築いた工場群、集成館を中心に、 製鉄・造船・造砲・紡績・印刷・製薬といった多くの近代産業の一つが薩摩切子です。 名前の売れている職人の作ったものなら 1万円~が一般的です。

江戸切子と薩摩切子の違いは?歴史・値段・価値についてまとめてみた!

切子 江戸 切子 江戸

(平成19年)• 下絵がないため、線の太さや深さ、バランスは職人の経験によって削っていきます。 現在は江戸切子協同組合の定めた項目に該当したものでなければ名乗れません。

だんだん日差しも強くなってきて、これから夏真っ盛りですね。 戦後、主な生産地であった一体の下町は灰燼に帰し戦中の制限もあって業界は壊滅的打撃を受けていた。

麗しい紋様が華ひらく。 日本が誇る伝統工芸・江戸切子の魅力。|IKITOKI

切子 江戸 切子 江戸

国内でガラス製造が盛んになっていたこともあり、カット技術の進歩とガラス器の普及によって、日用品の食器として切子が盛んに作られるようになります。

17
わずかに残っていた当時の薩摩切子を実測し、大半は写真一枚から復元をしなければなりませんでした。