フォート ナイト 下手くそ おじさん。 “フォートナイト下手くそおじさん”こと小籔千豊さんにインタビュー!『フォートナイト』をプレイすることになったきっかけや当初正体を隠していた理由とは!?

【フォートナイト】クリエイターショーマッチが開催中!

下手くそ おじさん ナイト フォート 下手くそ おじさん ナイト フォート

ただずっとゲームをやっていると罪悪感に苛まれることがあって。 今回、ラフマガではそんな小籔にインタビューを実施。 ですが、現在登録者数は7万人を超えて10万人まであと少しとなりました。

ついに小籔だとバレる You Tubeでの投稿・配信を始めてから1ヶ月後の3月20日、小藪さんだとバレた日ですが、まず最初に視聴者から、「お仕事は芸人さんですか?」と質問があり、よく来てくれている人だったので…と「そんな感じの事をやってますよ」と答え、「テレビとかSNSではやらないというスタイルでやらせてもらってます」と言っていました。

【フォートナイト】クリエイターショーマッチが開催中!

下手くそ おじさん ナイト フォート 下手くそ おじさん ナイト フォート

僕が本当の兵士やったらすぐ死んでいると思います。 敵と遭遇した時も視野が狭くなって、気が付いたらめっちゃ敵の近くにいるんですよ。 チャンネル登録者数65万人も超え、ゲーム業界では知らない人はいないくらいの人物です。

4
全員新喜劇を作っているメンバーなのでゲームはわちゃわちゃだけど会話を聞いているだけで面白いのは当たり前ですね(笑) 視聴者の反応 この頃は小藪さんだとバレていましたが、特にSNSやテレビで告知などしていなく、コメント欄には「芸能人なのに告知しないで配信者としてやってるのが好きだわ」「見てみないと小藪って気づかん!」「え?小藪が本当に配信してんの?」と完全無告知で、プライベートから始めた配信に好感を持つ人がすごく多かったようです。

フォートナイト下手くそおじさん=小藪さんが最高すぎるHIME_ZOYO

下手くそ おじさん ナイト フォート 下手くそ おじさん ナイト フォート

まとめ ということで、小藪さんが完全匿名でやっていた期間は大体1ヶ月でしたが、数少ない視聴者は気づいていたようですね(笑) それまでは、ちょっとトークがばれないように控えめだったりするように感じましたが、その後はテレビでみるようなガンガン攻めのトークをしていく小藪さんになっていきました!ただのゲーム配信じゃなくてトークを楽しめるタイプの配信ですね。 その休みの期間を全て『フォートナイト』に捧げたので、これだけ長時間の配信ができたのだと思います。 初回動画では、 「上手くなりたいけど、全然上手くならない。

16
これまでのフォートナイト下手くそおじさんは凄い日陰の存在だったので、支持してくださった方には大変辛い想いをさせたと思います。

小籔千豊が『フォートナイト下手くそおじさん』でゲーム実況動画を配信!人気の理由はなぜ?

下手くそ おじさん ナイト フォート 下手くそ おじさん ナイト フォート

アメリカに本社を置くゲーム会社Epic Games。

13
より強力な武器で敵を倒したり、資材で建築をしながら、ゲームを進めていきます。 でもめちゃくちゃおもろいし、おじさんでもハマるゲームです。

【フォートナイト下手くそおじさん】吉本新喜劇・座長スクワッド!フォートナイト猛特訓!川畑泰史 ・酒井藍・すっちー【小籔千豊】の動画より学べること

下手くそ おじさん ナイト フォート 下手くそ おじさん ナイト フォート

そうですね。

10
ここ直近ではゲームPCも購入しました。

【フォートナイト下手くそおじさん】吉本新喜劇・座長スクワッド!フォートナイト猛特訓!川畑泰史 ・酒井藍・すっちー【小籔千豊】の動画より学べること

下手くそ おじさん ナイト フォート 下手くそ おじさん ナイト フォート

それに加えて僕がやりだした所もあって、『フォートナイト』に関しては余計ルールが緩やかになったかなと。 小籔さんの周りの仕事関連の人たちでフォートナイトをプレイしてる人が少なく、 上手い人と知り合いになりたいがために今年2月から動画配信を始めました。

(小籔さんを一切攻撃しないなど細かいルールがあります。

“あの”「フォートナイト」ゲーム実況 投稿者は小籔千豊だった!? 本人が実情を告白

下手くそ おじさん ナイト フォート 下手くそ おじさん ナイト フォート

そこで「有名な方だったんですか?」みたいな話が出て来たんで、「君のお父さんやお母さんにこの配信を見せてくれ、50%くらいの確率でわかると思うで」と言ったら本当に見せてくれたみたいで。 今のところ持ちたい武器はこれらになりますが、ゆくゆくはチャージショットガン・サブマシンガンを持ちたいですね。

この時は見ている人がいないのに喋っていいのかどうか迷いましたね。