サーバント リーダーシップ。 サーバントリーダーシップとは?部下を奉仕・支援し、能力を発揮させる

サーバント・リーダー

リーダーシップ サーバント リーダーシップ サーバント

それを可能にする一つの形がサーバント・リーダーシップです。 しかし命令と統制によるリーダーシップでは部下は指示待ちの状態となり、イノベーションを持続的に生み出すことは困難です。

1
部下に命令して仕事を進めるのではなく、どうすれば部下の持つ能力を最大限に発揮できるのかを考え、それが実現できる環境づくりや部下への支援を通じて仕事を進めることから、この名がつけられました。

サーバント・リーダーと青山学院

リーダーシップ サーバント リーダーシップ サーバント

ここでは2つの背景を紹介します。

3
企業も含め、多くの組織では、経営陣のやる気と社員のやる気の間にある溝や、教育の成果が上がらない研修などの課題を抱えています。

サーバント・リーダシップーとは―引っ張る上司から奉仕する上司へ

リーダーシップ サーバント リーダーシップ サーバント

あえて、部下(フォロワー)に対してそういう意味でのサーバントとして接することがリーダーの基本的な姿勢となりうると主張した点に、この概念の提唱者であるロバート・グリーンリーフの慧眼がある。

19
新規事業の創出には 「スタートアップJJJ」という独自制度を設けており、子会社や事業をランク分けすることで、互いに競い合う環境を構築。

サーバントリーダーシップの意味とは?特徴や事例をご紹介

リーダーシップ サーバント リーダーシップ サーバント

傾聴 相手が望んでいることを聞き出すために、まずは話をしっかり聞き、どうすれば役に立てるか考える。

「サーバント(Servant)=使用人」という言葉の通り、メンバーに対して積極的に「奉仕」することで、働きやすい環境を整えて個々の力を最大限に発揮させることを目的としています。 人々の成長への取り組み サーバント・リーダーは、チーム全員の個人的および専門的な能力開発に取り組んでいきます。

サーバント・リーダー「10の特性」あなたはいくつ該当するか?

リーダーシップ サーバント リーダーシップ サーバント

サーバントリーダーシップとは具体的にどのようなものなのか、どのような状況下で有効なのかについて紹介します。 一般に、従業員が仕事で何らかの失敗をしたとき、その如何にかかわらず伝統的なリーダーシップではこれを「業務上過失」として扱い、訓戒や減俸、または最悪の場合懲戒処分を下すことで、「過ちを戒める」ことに重きを置く。 部下がビジョンとミッションから外れた言動を取った場合、サーバントリーダーは厳しく指導し、改善を促します。

コミュニティづくり 愛情と癒やしで満ちていて、人々が大きく成長できるコミュニティをつくり出す。

サーバント・リーダーと青山学院

リーダーシップ サーバント リーダーシップ サーバント

社会はより不確実性が増し、予測できない変化の激しい環境へと突入しており、上長が部下を管理し命令することで、組織の運営を取り仕切り、強い意志と組織のリーダーの考えや価値観を貫くことで部下をけん引していくといった組織運営には限界値が見え隠れする。 ここでは、現代の複雑な経営環境を乗り越えるために必要とされるサーバントリーダーシップとは何か、支配型リーダーシップとの違い、サーバントリーダーシップが企業に与える影響などについて解説します。

10
「他者を敬い・違いを受け入れる」特徴は、本学院のメソジスト教育理念とも深く関係しています。

サーバント・リーダー

リーダーシップ サーバント リーダーシップ サーバント

サーバントリーダーシップが企業に与える影響 サーバントリーダーシップによる組織運営では、以下のような影響・効果が期待できます。 そもそも「サーバント」とは、「使用人」「召使い」という意味。 6 概念化 (Conceptualization) 組織の目標や自分・部下の夢を概念化でき、また大きな夢を見る能力を育てられる。

店舗こそ企業の主役と考え、全社的に彼らを支えるスタンスを明示したのです。