19 アンタレス dc。 アンタレス大好き人間による19アンタレスの1年間使用インプレ

こんなインプレ欲しかった!SHIMANO(シマノ) 19アンタレス インプレッション 一度使うと元には戻れないグッドフィーリング!

Dc 19 アンタレス Dc 19 アンタレス

スプール痩せが激しい. スプールが深い位置にあるため、遠投時の繊細なサミングはやりにくい。 めちゃくちゃ気持ちいい・・・。 どちらかというと 220gくらいがベストかもしれないように感じます。

そして励みになります! 目次• このリールはですね、 ・・・。

19アンタレスと16アンタレスDCを比較してみた

Dc 19 アンタレス Dc 19 アンタレス

シマノHPより ついに王座を射止めたARコンセプト というわけで大遠投専用リールから、 中・軽量ルアーもカバーするオールラウンドモデルへと変貌を遂げた19アンタレス。

4
両者はスプール径が違うので単純比較はできませんが、12lb-100mというラインストック量は一致しているので、同クラスと見ていいですよね。

19アンタレスHGインプレ!なんの特徴もないクソリールでした。

Dc 19 アンタレス Dc 19 アンタレス

19アンタレスは間違いなくフィールドを選ばずに活躍できます。 他の3モードとは違いラインは選びませんが、遠投重視でかなり弱いブレーキ設定になっているので、PE使用時などの急なバックラッシュには特に注意が必要です。

左19アンタレススプール、右18バンタムMGL夢屋(浅溝)スプール ナロー&深溝スプール こんなスプールを試したことが過去にないので本当に不思議な感覚ではありました。

アンタレスDC[ANTARES DC]|両軸リール|リール|製品情報|シマノ

Dc 19 アンタレス Dc 19 アンタレス

ついでに言及しておくとメインギアは真鍮(ブラス)製。 DCブレーキ以外の遠心ブレーキやマグネットブレーキではブレーキ力が回転数によって決まるため、投げ初めに回転数が上がっていく過程においてもブレーキが効いてしまいます。 悪いところ メカニカルブレーキのゼロ設定が出しにくい 19アンタレスはあまりにも作りが良く出来ているせいか、メカニカルブレーキを弱めてもスプールがカタカタしません。

「アンタレスなのに飛距離を犠牲にした」と、裏切られたような思いをしている旧来からのファンの方もいらっしゃると聞きました。 海水にも対応している為、様々な用途に使えそうですね! 品番 ギア比:4. 16lbや20lbを巻いてしまうと、せいぜい20m程度キャストしただけでずいぶんスプールが痩せます。

’19アンタレス インプレ。正しいハードベイト番長は、ブレーキ設定がピーキー?

Dc 19 アンタレス Dc 19 アンタレス

という訳で少しでも購入を検討されたいる方の参考になれば嬉しいです。 守備範囲に驚きました。 巻きより撃ちモノが大好きな方やジグテキサス専用ロッドに200g越えの自重を乗せるのはう〜ん・・・って人は注意しておくポイントですね。

13
これはおそらく、DCブレーキの ノーブレーキ制御の賢さに起因すると思いますね。 スプール周りのアシメトリーデザインは好みが分かれるかもしれませんが、とても気に入っています。

こんなインプレ欲しかった!SHIMANO(シマノ) 19アンタレス インプレッション 一度使うと元には戻れないグッドフィーリング!

Dc 19 アンタレス Dc 19 アンタレス

やはりアンタレスはアンタレス。

7
キャストで「キーン」という音が鳴るとか。

19アンタレスは買い?使用感や注意点をレビュー

Dc 19 アンタレス Dc 19 アンタレス

この第3世代のMGLスプールがアンタレスで 初搭載。 こんな方は買い! リンク 19アンタレスのここには注意 撃ち物ロッド専用に乗せるなら自重がネック 19アンタレスはコンパクトにはなりましたが自重が220g。

ヘビキャロには使用可能? これ本当によく聞かれます。 従来路線との決別にはきっと社内でも激しい議論が戦わされただろうと推測しますが、私はこの勇気ある決断を支持したいと思います。

19アンタレスHGインプレ!なんの特徴もないクソリールでした。

Dc 19 アンタレス Dc 19 アンタレス

フィッシングパーソナリティのKaz()です。 NEWローラークラッチによって回転抵抗が低減され、巻き上げパワーにさらなる磨きがかかりました。 本当に困ります。

クラッチのパーツを外す クラッチカムやクラッチレバーなどのパーツを外していきます。

アンタレス大好き人間による19アンタレスの1年間使用インプレ

Dc 19 アンタレス Dc 19 アンタレス

マイクロモジュールギアの歯がとても細かい! ヘビーな巻物はカルコンに一歩譲る かたや僕が「重巻き」と呼んでいるような1oz超のヘビーな巻物を扱うことにおいては、これまでメインで使用していた15カルカッタコンクエスト101HGに一歩及ばず。 ANTARESと書かれた黒くて丸いパーツ(メカニカルブレーキノブ)が外れると最悪 なぜなら最初は「適当にやっててもメカニカルブレーキノブくらい取り付けられるだろう」という安易な気持ちでメカニカルブレーキノブを外してしまうからです。 19カルカッタコンクエストDCにコスパ最強のSLX その他にももちろん注目度満点なリールが今期もシマノからリリースされるんですが、個人的にはアンタレスの完成度はピカイチ高いと思います。

参照:シマノHP 参照:シマノHP この2つの特徴により低慣性化を実現し、スプールのクイックな立ち上がりと伸びを実現しています。