バス きた じょうてつ。 札幌周辺公共交通案内 さっぽろえきバスナビ

じょうてつ

じょうてつ バス きた じょうてつ バス きた

本社 じょうてつビル 本社所在地 〒003-0001 1条1丁目1-8 : 設立 (大正4年) (定山渓鉄道株式会社) 事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業 一般貸切旅客自動車運送事業 不動産事業、物流事業 等 代表者 社長 原田 寛 資本金 2億円 発行済株式総数 400万株 売上高 連結: 175億7319万3千円 単独: 69億7626万3千円 (2017年3月期) 営業利益 連結: 12億1901万5千円 単独: 8億5839万2千円 (2017年3月期) 経常利益 連結: 11億8812万2千円 単独: 8億1104万6千円 (2017年3月期) 純利益 連結: 8億5159万7千円 単独: 5億9213万3千円 (2017年3月期) 純資産 連結: 80億8786万9千円 単独: 56億3千円 (2017年3月31日現在) 総資産 連結: 219億1030万9千円 単独: 153億2877万1千円 (2017年3月31日現在) 従業員数 連結: 574人 単独: 306人 (2017年3月31日現在、嘱託・臨時社員を除く) 決算期 主要株主 株式会社 58. 南90:真駒内駅 - 光塩短大 - 真駒内競技場 - 川沿1条1丁目 - 川沿1条5丁目 - 中の沢入口 - 中の沢中央 - 藻岩線(真駒内系統) もいわ• 2008年9月13日• バス乗換路線• バス乗換路線• 2016年(平成28年)2月1日から試験運行として月曜・木曜に運行。 旧社名は 定山渓鉄道株式会社(じょうざんけいてつどう)で、かつてを運営していたがに廃止されている。

14
:定山渓鉄道線全線廃止(東札幌 - 定山渓間)。

定山渓温泉かっぱライナー号

じょうてつ バス きた じょうてつ バス きた

:経営改善の一環としてへ、人員181名を移籍、車両90台、札幌市内バス9路線(中心)ならびに自動車営業所を譲渡。

7
第105期(平成28年4月1日 - 平成29年3月31日)有価証券報告書 Report. これにより札幌市南部地域のバス路線の大半をじょうてつが担当することとなった。

じょうてつ

じょうてつ バス きた じょうてつ バス きた

バス乗換路線• 路線開設前より12 定山渓線と新千歳空港連絡バス真駒内系統のを発売していた。 札幌200 か343 P-UA33L 日産ディーゼル+富士重工 札幌駅ターミナルにて 車体広告:ニッポンレンタカー 札幌200か1033 U-UA440NSN 日産+富士重工 元西武バス 札幌駅バスターミナルにて 札幌200か892 KL-UA452PAN 日産+西工 ワンステップ車 川沿営業所付近にて 札幌200か1583 KL-UA452PAN 日産+西工 ワンステップ車 札幌駅ターミナルにて 札幌200か1887 U-UA440LSN 日産+富士重工 元新京成バス 札幌駅ターミナルにて 日野 札幌22か1879 U-HU3KPAA 日野+日野 札幌駅ターミナルにて 札幌22か2230 U-HU3KPAA 日野+日野 札幌駅付近にて 札幌22か2230 U-HU3KPAA 日野+日野 札幌駅ターミナルにて 札幌22 か2470 札幌駅ターミナルにて 日野+日野 U-HU3KPAA 東急グループ貸切車塗装を纏った路線車。

(平成19年)9月30日:子会社の定鉄興業を解散。

【じょうてつバス】PJ

じょうてつ バス きた じょうてつ バス きた

バス乗換路線• (昭和23年)5月15日:札幌駅 - 定山渓 - 薄別(うすべつ)間乗合バス事業復活。 川沿サービスセンター・自動車事業部・川沿営業所・川沿整備工場 札幌市5条1丁目20• ()とであるが、経路と停車停留所が一部異なる。

1
近年導入された車両は車体塗装も東急バス観光色ではなくオリジナルの自社デザイン塗装となり、中扉に4つ折り戸の採用など乗降車しやすいバスが多く導入されています。

札幌周辺公共交通案内 さっぽろえきバスナビ

じょうてつ バス きた じょうてつ バス きた

(平成16年)より試験運行を開始し、(平成18年)4月1日より正式運行を開始した。 快適湯ったりライナーの愛称がある。

6
2011年11月30日閲覧。 本社 1条1丁目1-8• 東海大学 - 藻岩高校 - 真駒内駅の南96区間便あり。

【じょうてつバス】PJ

じょうてつ バス きた じょうてつ バス きた

リンク• 対キロ区間初乗り:150円• 2015年に初のPJ-代の移籍車として藻岩営業所に札幌200か4101(PJ-KV234L1)が配属されましたが、その後はしばらくKL-世代の中古に戻っていました。 (平成23年)より定山渓温泉かっぱライナー号として運行開始。

14
バス乗換路線• - (平成25年)に使用開始した。 苗穂線 運賃形態 [ ] (元年)現在。