如意 伝 あらすじ 全 話 日本 語。 中国宮廷ドラマ「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」第37

【1分で読める】香密沈沈燼如霜 全63話 ネタバレ

話 語 如意 日本 全 伝 あらすじ 話 語 如意 日本 全 伝 あらすじ

そしてその結果、宮廷時代劇のトップにいた「瓔珞」と共に視聴ランキングの1・2位を独占することになったんですね。

9
2人が退席するのを見たホルチン部の寨桑根敦 ジャイサンゲンドゥン は、娘の豫 ヨ 妃・博爾済吉特 ボルジギト 厄音珠 エインジュ に目配せする。

【中国宮廷ドラマ】如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~#74 あらすじ

話 語 如意 日本 全 伝 あらすじ 話 語 如意 日本 全 伝 あらすじ

当然、姻戚であるホルチン部も来ることから、豫妃が不在では体面が悪かった。 仕方なく青桜は自分を福晋選びの候補から外すことを条件に弘暦の依頼を受ける。 雍正帝だけでなく、4代目皇帝にあたる祖父からも後継ぎ候補の最有力として大きな期待をかけられていた弘暦は、正室選びの最中に幼なじみの 青桜(ジョウ・シュン)と関係を深めていくものの、事あるごとに様々なトラブルに巻き込まれてしまい…。

13
若くして皇帝の座についた弘暦への風当たりは厳しく、宮廷内での権力争いに巻き込まれるものの、聡明さと芯の強さを合わせ持つ青桜が献身的に弘暦を支える事で、宮廷内の権力争いが鎮静化され、皇后・如懿の座を勝ち取るのでした…。

如意伝(中国ドラマ)ネタバレ!乾隆帝と如懿その恋路は?

話 語 如意 日本 全 伝 あらすじ 話 語 如意 日本 全 伝 あらすじ

第45話 「七宝の赤い石」• 「江侍医は皇后娘娘の腹心です、孝賢皇后を偲ぶ詩集が私にまで配られました そのせいで皇后娘娘の評判は良くありません」 しかし永琪は義母が公然と面目を潰されたと憤慨し、放ってはおけないとかばった。 絳雪軒 コウセツケン に良家の娘たちが集まると、弘暦の母で熹 キ 貴妃・鈕祜禄 ニオフル 氏は嫡福晋に富察 フチャ 家の娘を推す。

14
そこで胡蕓角は皇后には嫡子がいると持ち出し、離間させようと企む。

如懿伝(にょいでん)の動画の日本語字幕!あらすじやキャスト相関図も

話 語 如意 日本 全 伝 あらすじ 話 語 如意 日本 全 伝 あらすじ

罰で雨がふる中長時間ひざまずかされて体調を崩した阿ジャクに対し、小言を言いつつも手厚く世話をする如懿。 如懿は蓮心の声だったの察する。 衣装が中国っぽくないのは北に住むだから。

C 2018 New Classics International Media Limited All Rights Reserved 総製作費約96億円!大ヒットドラマ「宮廷の諍い女」の原作者が贈る宮廷時代劇「如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~」(全87話)毎週土曜午前11:00(2話ずつ)日本初放送中!9月28日(土)第37話~第42話のあらすじを紹介、番組公式サイトで予告動画などが公開されている。

中国宮廷ドラマ「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」第37

話 語 如意 日本 全 伝 あらすじ 話 語 如意 日本 全 伝 あらすじ

しかし如懿はまだ9歳の子供だと訴え、自分の面子と子供の安全、どちらが大事なのかと非難した。

7
同じころ、金川の戦で敗北を喫した訥親(なちん)は、無断で帰京した責を問われ処刑されてしまう。

日本でもハマる人急増中!「如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~」

話 語 如意 日本 全 伝 あらすじ 話 語 如意 日本 全 伝 あらすじ

皇后に反論出来ない蓮心は、年の離れた太監に嫁ぐことを泣く泣く決意。 相次いで皇子を失った乾隆帝。 「他の者に頼んでもいいのよ? 長らく仕えていながら報われぬあなたにとって皇上のお心を得る絶好の機会だと思っただけ」 結局、陳婉茵は引き受け、寝る間も惜しんで皇帝の詩を編纂した。

3
凌雲徹の潔白を証明しようと真相を突き止めようとする如懿に海蘭は「陛下の誤解を解くには凌雲徹を亡き者にするしかない」といさめるのだった。

中国ドラマ 如懿伝 DVDあらすじネタバレ

話 語 如意 日本 全 伝 あらすじ 話 語 如意 日本 全 伝 あらすじ

— () 役 内向的な性格で後宮になじめず辛い生活を送っていたが、唯一支えてくれた如懿が冷宮入りした事を機に覚醒、陰謀うごめく後宮で如懿を助け生きていこうと決意する。 しかし穎 エイ 妃・巴林 バリン 湄若 ビジャク は寒部で見ない顔だと指摘、寒香見 カンコウケン も面識がないと困惑した。

5
進忠と炩貴妃は行宮で悶々とする乾隆帝を楽しませるため、芸妓を呼んで仕えさせる。 2人は偉い神に「 地上で国作れ」と無茶振りされました。

中国宮廷ドラマ「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」第85

話 語 如意 日本 全 伝 あらすじ 話 語 如意 日本 全 伝 あらすじ

そんなある日、乾隆帝は琵琶の奏者、白蕊姫(はくずいき)という美女に目をつける。 めでたしめでたし。 乾隆帝が皇太后のために布団を作らせていると聞いた海蘭は、繍坊をに行き刺繍の色使いに悩んでいる女官たちにアドバイスをする。

8
しかしまだ子供の第12皇子・永璂 エイキ は眠くなり、母に挨拶して先に天幕へ帰ることにした。